妙心寺 退蔵院襖絵プロジェクト

002  004

絵師 村林由貴さんです。       写真右は、副住職の松山氏です。

007   009

退蔵院に描かれる前に、制作活動されている「壽聖院」の襖に描かれました。

s_015   010

「壽聖院」に描かれた襖絵です。

現在進行中の「退蔵院 襖絵プロジェクト」のご照会です。2012年に発足したこのプロジェクトは、退蔵院様と京都造形芸術大学との共同プロジェクトです。文化財の保存という観点から複製された襖絵が増える中、若い絵師を育て本物の襖絵を後世に残そうという副住職松山氏の発案のもと計画進行中です。そこでまず選ばれた若い絵師は、京都造形芸術大学出身の「村林由貴」さんです。2016年秋完成を目標にされておられます。