京都文化財の補修 和額・洋額・額装・襖・衝立・屏風・漆塗の京桐工芸

こだわりの木材

襖や屏風の下地に使用される材料は、国産の杉材以外に他なりません。丸太のほんの一部分しか取れない部位を仕入元、当工房とで二度天然乾燥したものを使用しております。日本では手すき和紙が無形文化財として評価をうけるなか、原材料や後継者不足という問題を抱えております。当工房の現地仕入元も同じように深刻な問題を抱えており材料の確保問題が急務となっております。

桧材

桧材

神社の材に用いるところから「霊(ひ)の木」が語源と言われています。杉の次に日本では多い木で、防腐・抗菌効果が高く、香りが強いという特徴があります。

神社や仏閣を建てるために古くから用いられてきたもので、法隆寺や薬師寺の塔は1300年経った今も維持されています。

木材として耐久性や保存性が世界最高レベルです。

乾燥性がよく柔らかく軽いですが、耐水性、耐久性に富み、強度が高く、光沢がある木肌の白さと独特の香りが人気です。

朱里桜材

朱里桜材

この朱里桜は青森県下北半島以北にしか生息しない稀少材です。朱里桜そのものも少なくなってきていますし、サクラ自体大きくならないのであまり流通していません。サクラは上品な木目で評価を得ていますが、この朱里桜はそれだけでなく、数ある樹木の中でも非常に落ち着いた木の1つです。

栓材

栓材

木肌が深く裂け、黒ずんだ褐色の色をしている木から取れる耐朽性はやや低いです。環孔材で肌目は粗いが板目面の光沢と年輪が美しく海外でも人気があります。

シオジ材

シオジ材

辺材は淡い黄白色で心材は淡灰褐色~淡黄褐色を呈しています。辺心材の境目は明瞭。年輪ははっきりしています。木目は直通であるが木肌はやや粗いく、やや軽軟。アッシュやタモと同じ属性の木材ですが、やや木質の色が濃くなります。木理はやや交錯し、肌目も粗いですが、時に美しい杢目を呈します。やや重硬で欅や桜のような重さがあり硬く靱性が高いが加工性はよいです。耐朽性は中程度。木目は栗に似て目立ちます、材の色は栗ほど黄色くなく、塗装しても栗ほどは黒くなりません。

チーク材

チーク材

チークは優良高級材として様々な用途に用いられる銘木です。材質は堅く強靭で耐久性があり、病害虫にも強いです。天然の油成分があって、オイルやニスで手入れしなくても耐久性があます。

加工も容易で、よく乾燥させた場合は伸縮率が小さく、水にも強いので、建築材として広く使用されます。

天然の古木から切り出されたチーク材は特に耐久性がありますが、大変に高価です。

桧材

桧材

神社の材に用いるところから「霊(ひ)の木」が語源と言われています。杉の次に日本では多い木で、防腐・抗菌効果が高く、香りが強いという特徴があります。

神社や仏閣を建てるために古くから用いられてきたもので、法隆寺や薬師寺の塔は1300年経った今も維持されています。

木材として耐久性や保存性が世界最高レベルです。

乾燥性がよく柔らかく軽いですが、耐水性、耐久性に富み、強度が高く、光沢がある木肌の白さと独特の香りが人気です。

木肌材

木肌材

キハダの心材も黄色がかっており、木目がはっきりしています。ただし軽量で、軟らかいため、あまりにも強い荷重がかかる場所には向いていません。

米ヒバ材

米ヒバ材

米ヒバは、ヒノキチオールに類似した物質が含まれているため、耐腐朽性に優れ白蟻に対しても抵抗力を持っています。

辺材は白色に近く、芯材は淡黄色で材質は軽く、肌目が細かく弾力があります。

仕上がり面も綺麗で、加工性や材の安定性、腐朽性に優れていることから、構造材から化粧材まで、何にでも用いることのできる用材です。

国産の木材に対する問題

襖や屏風の材料である国産の杉の木が入手困難となっているのはご存知でしょうか?
近年では日本古来の伝統的な製法による和紙が、原料生産を含め生産者の減少(小規模な家内工業的施設が殆どのため)による供給の減少が危惧されているのを知る方は多いと思いますが、同じようにその和紙を貼る障子や襖の土台となる国産の杉も入手が困難になってきています。

円安に伴う外材高騰や、消費増税の駆け込み需要等で、一転して、原木丸太及び製材品等の価格が軒並み値を上げて、国産の材木がなかなか手にはいりません。

杉の内側の赤み部分は建築材料として使われていて外側の白み部分を襖などに使いますが、これは外材では全く使えないのです。

京桐工芸では奈良県の吉野の杉を材料として代々こだわりをもって使ってきていますが、
最近、何処に出向いても、林業の深刻な人手不足を耳にします。奈良県十津川村においても、村としては国内最大の資源量を誇りながら「きこりさん」の不在により、年間僅か5000㎥程度の素材生産実績しか残せないでいるそうです。

京桐工芸ではこの問題を随時発信していこうと思います。