京都文化財の補修 和額・洋額・額装・襖・衝立・屏風・漆塗の京桐工芸

装こう師

京桐工芸では材料選びから仕上げまですべてオーダーメイド対応をしております。 こだわりの上質の材料から加工、仕上げ、塗装などお客様のニーズに合わせますので必ずご期待に応えられます。

文化財仕様・地獄組下地

制作の過程

文化財仕様・地獄組下地

組子(中子)の加工の様子です。一本一本にほぞ凸を加工します。

框にほぞ穴凹を中子の数だけ均等割りであけていきます。

框の留めの部分のほぞ組を加工します。

中子を組あげ、つぎに外框へと順に組あげていきます。隅板をはめ込みいよいよ完成です。

納品の写真