京都文化財の補修 和額・洋額・額装・襖・衝立・屏風・漆塗の京桐工芸

表具師

京桐工芸では材料選びから仕上げまですべてオーダーメイド対応をしております。 こだわりの上質の材料から加工、仕上げ、塗装などお客様のニーズに合わせますので必ずご期待に応えられます。

臨済宗妙心寺派 正眼寺

制作の過程

1.乾燥

京桐工芸では,奈良県吉野産の杉材を使用しております。襖や屏風の下地に使用する杉材は、丸太の周囲側(外側の木目の細かい部分)を使用します。芯の部分は赤みがあり木目も粗く硬さがあり加工しずらいからです。赤みの部分は和紙を張り込み後、湿気等で灰汁が出て本紙に悪影響を与えます。丸太を小割後、長い時間をかけて「自然乾燥」させます。良く乾燥した材料を使わないと、製品になってから歪みや反り等が出てしまいます。最近は機械で強制的に乾燥させた木材もあるようですが、京桐工芸では自然乾燥にこだわっています。

2.木を真直ぐにし、幅を整える

「木取り作業」と言いまして大まかに下地を作るのに必要な材料を用意します。荒く切っただけの木の棒をまず、この手押し自動カンナで木材の2辺を真っ直ぐかつ直角に仕上げます。その後、このプレーナと呼ばれる自動カンナ機械で残りの2辺を真っ直ぐの木材に加工します。大まかに分けて、下地の外枠を框<かまち>と呼びます)とその中に組子(サン)部分で構成されています。

3.ホゾ取り、組子

次にホゾ取り作業です。
簡単に言うとコンセントのような仕組みで組子は結合してあります。組む前はこんな木の細い棒です。これを一つ一つ組んで障子のサンの部分ができています。組子に切れ目(クゼ)を切って行く作業です。
このように組子に切れ目をいれて行くことでサンを組み立てることが可能になるのです。

4.地組み(ぢぐみ)

ここからが組み立て作業です。今まで、加工してきた枠の部分と組子部分を結合させてゆきます。一本一本丁寧に組んで障子の組子をつくります。

5.框組み(かまちぐみ)

それぞれ竪框(たてかまち)、上桟(かみざん)、下桟(しもざん)といい、これらを総称して框(かまち)といいます。下地を框組みする際、絶対に気を付けなければならないのが、胴付き(隙)・カネテ(角)・捻れ (捻)です。それらを全て確認しながら組み立て、最後に表面に出た凹凸をカンナで仕上げて完成します。 

納品の写真

臨済宗妙心寺派の奥の院、岐阜県、正眼寺に納品させていただきました。