京都文化財の補修 和額・洋額・額装・襖・衝立・屏風・漆塗の京桐工芸

表具師

京桐工芸では材料選びから仕上げまですべてオーダーメイド対応をしております。 こだわりの上質の材料から加工、仕上げ、塗装などお客様のニーズに合わせますので必ずご期待に応えられます。

衝立

制作の過程

衝立(春日衝立)

塩地材(タモ材)の木地仕上げです。

小ぶりなサイズの衝立に向いてます。本衝立に比べ、変化のあるデザインに仕立てる事が可能です。

本衝立(女桑本衝立)

木肌材の足部と外縁の木取り後の状態です。

本衝立の肝になる部分です。キッチリとした接合部分がぐらつきを抑えるために重要です。

染料と薬品で着色した後、足部を木栓で止めいよいよ完成です。

納品の写真

塩地材木地仕上げ春日衝立(左)と女桑本衝立(右)の完成です。