京都文化財の補修 和額・洋額・額装・襖・衝立・屏風・漆塗の京桐工芸

装こう師

京桐工芸では材料選びから仕上げまですべてオーダーメイド対応をしております。 こだわりの上質の材料から加工、仕上げ、塗装などお客様のニーズに合わせますので必ずご期待に応えられます。

襖縁(印籠縁)修復作業

制作の過程

漆の剥離作業

下地から外し終えた縁から、古い漆をはがしていきます。ここが一番の重労働です。

木地の修復作業

漆をはがし終えた後に、傷や欠けを直します。

錆つけ作業

木地の修復作業を終え、漆の塗り直しにかかります。縁につまみ(自作の持ち手)を取付け、
錆つけ(下地)を行っていきます。

中塗り、上塗り作業

傷の見落としがないか確認作業と、中塗りを繰り返していきます。

納品の写真

修復作業は、一から新品を制作するよりも、手間と費用がかかるものです。
しかし、前回制作された職人さんの技に触れることができるので、勉強になります。