京都文化財の補修 和額・洋額・額装・襖・衝立・屏風・漆塗の京桐工芸

作家・芸大・美大・美術館関係者

京桐工芸では材料選びから仕上げまですべてオーダーメイド対応をしております。 こだわりの上質の材料から加工、仕上げ、塗装などお客様のニーズに合わせますので必ずご期待に応えられます。

栓材摺り漆仕上げ額 

制作の過程

栓材摺り漆仕上げ額 1

板目の栓材を摺り漆で仕上げました。通常、見付(正面)には木目の通った柾目をつかうのですが、画風に合わせ板目をつかいました。

栓材摺り漆仕上げ額 2

表具師さんに依頼し,作品と外縁に合う裂地を使用し額装を施していただきました。マットの部分には、インド更紗を張込んでいただきました。

納品の写真

可愛いらしい動物が描かれた、ボールペン画です。外縁や裂地とマッチングしていると思います。